ハチ駆除

スズメバチに刺されないための対策方法とは?事前に兆候を察知しよう!

スズメバチの仲間は、世界で28種類。

さらに日本だけでも、17種類が生息しています。

世界に生息するスズメバチの約半数が日本にいると言っても過言ではありません。

北海道から沖縄まで全国に分布し、毎年深刻な被害をもたらしています。

スズメバチの被害は、繁殖期にあたる9月頃に集中して報告されていますが、実は巣作り自体は4月頃からスタートします。

このように私たちの身近にいるスズメバチですが、被害にあわないためにはどうしたら良いでしょうか?

残念ながらスズメバチの被害に全くあわない方法は存在しません。

しかし、その被害を少なくする方法は存在します。

ここでは、ハチ駆除に長年の実績のある弊社が、スズメバチに刺されないための対策方法を詳しくご紹介します。

スズメバチの被害を最小限に食い止めるためには、スズメバチが攻撃する兆候を把握することも重要ですよ。

事前にスズメバチが攻撃してくる兆候やサインを把握しよう!

スズメバチは、不意に人間に攻撃を加えるイメージがあるかと思いますが、実現は全く違います。

スズメバチにも人間を攻撃する兆候がありますが、多くの人はそのサインに気づきません。

まずは、スズメバチが攻撃してくるサインを把握して事前の対策を講じましょう。

巣の10〜15m以内に入ると監視体制を強化する

スズメバチは、非常に縄張り意識が強い生き物です。

スズメバチが繁殖時期を迎える頃になると、より一層周囲の様子に敏感になります。

この頃は、たとえスズメバチの巣から10〜15m離れていても、監視体制を強化しており、場合によっては攻撃してくることもあります。

ズズメバチは、24時間巣の中から、外を監視しているのです。

巣の入り口付近に、必ず見張り役のスズメバチがいるので慎重に行動しなくてはいけません。

スズメバチの巣が民家の近くにある場合、入り口付近にスズメバチがいることが判明したら、非常に危険ですので早急な駆除が必要です。

人間の周りを警戒飛行していないか

スズメバチは非常に敏感な生き物です。さきほどもご紹介した通り、巣の10〜15m以内であっても監視をしていて、必要以上に近づいてくる人間には攻撃を加えます。

しかし、いきなり攻撃を加えるわけではなく、事前に人間の周りを飛び回ります。

いわゆる「警戒飛行」です。

スズメバチは、巣に近づく人間に「これ以上近づいてはダメだよ」とサインを送っています。

このサインに気づかずに、巣に接近してしまうとスズメバチから攻撃を受けるわけです。

小さなお子様やご高齢の方などは、スズメバチの存在に気づきにくく、特に注意が必要。

民家の周囲を頻繁に飛び回っているスズメバチが確認されたら、迅速に駆除業者に調査を依頼することをおすすめします。

スズメバチの威嚇行動があるかどうか

スズメバチが警戒飛行を繰り返し、それでも人間側が巣に近づこうとする場合、スズメバチは「威嚇行動」を開始します。

具体的には、アゴを「カチカチ」鳴らして飛び回ります。

人間の周囲を飛び回る行動が第一の威嚇だとしたら、この「カチカチ」音は、最終的な威嚇の合図です。

この威嚇も無視し、巣に近づこうものなら、ためらいなく人間に攻撃を加えます。

自分の周囲をスズメバチが飛び回る」、「スズメバチからカチカチ音がする」場合には、低い姿勢を保ちゆっくりとその場から離れましょう。

この行動をとるだけでもスズメバチに襲われるリスクを軽減できますよ。

攻撃

外敵に警戒や威嚇をしても、巣への接近を辞めない場合には、飛び回りながら黒い物や黒い髪の毛を狙って、毒針で攻撃を加えます。

このような状態では、襲われるリスクが非常に高いため、姿勢を低くして、その場からゆっくり立ち去ります。

巣やハチがいる場所から、20m以上は離れるようにしましょう。

スズメバチに刺されると激痛が走り、一瞬その場から動けなくなりますが、そのまま動かないでいると毒液をまかれ、多くのハチが集まってくるため、大変危険です。

スズメバチに刺されないための対策方法とは?

前章では、スズメバチが攻撃してくる兆候やサインについてお届けしました。

ここでは、スズメバチに刺されないための対策方法について触れていきます。

できる限り黒い服装や物を身につけない

スズメバチに刺されないようにするためには服装にも十分に気を使う必要があります。

というのも、スズメバチは黒い色に反応する性質があると言われており、黒の髪の毛や服装だと、より攻撃をされやすいのです。

また、黒の服装だけでなく、黒色であれば靴やカメラなどにも敏感に反応します。

周囲にスズメバチの巣がある場合には、特に黒の物を身につけていないか確認しましょう。

帽子や長ズボンを着用する

スズメバチに攻撃された際に、少しでも被害を減らすために、スズメバチの巣が民家の近くにある場合には、長袖、長スボン、帽子などを着用するようにしましょう。

たとえば、趣味で登山やアウトドアをする場合でも、暑い時期だと軽装になってしまうかもしれませんが、基本的に夏用のジャケットを羽織る、帽子を被るなどの対策を講じましょう。

匂いの強い香水などは身につけない

スズメバチは、香水などに含まれる特定の香りに対して、より攻撃的になるという性質が報告されています。

ですので、できるだけ香水等の匂いがするものは、身につけないように注意しましょう。

スズメバチを刺激してしまい大変危険です。

手で追い払うなど刺激を加えない

スズメバチが警戒し、人間の周囲を飛び回ることがありますが、このときにズメバチを恐れるあまり手で追い払うなどの行動はやめましょう。

基本的に、スズメバチが警戒している段階では、何もせずその場から立ち去ればスズメバチに攻撃される可能性は低いです。

しかし、スズメバチを恐れるあまり、人間側が手で追い払うなどの攻撃的な行動をとってしまうとよりスズメバチを刺激してしまいます。

また、スズメバチの巣の近くで振動を与えたり、刺激を加える行動も避けてください。

まとめ

秋頃になると、繁殖活動が活発化するため、スズメバチによる脅威がより一層高まります。

今回ご紹介したスズメバチからの攻撃サインや、被害にあわない対策を参考に、少しでも攻撃を受けない工夫をしましょう。

また、ご自宅の近くに「スズメバチが頻繁に飛んでいる巣は見当たらないけど、スズメバチだけ目撃する」などの状況でも、ハチ駆除専門業者である弊社にご連絡ください。

このような場合の多くは、周辺にスズメバチの巣がある可能性が高いです。

スズメバチの出張診断や、駆除お見積もりは無料で対応させて頂きます。また、9時〜18時までにご連絡を頂けますと、即日対応も可能です。

時間外であっても、できる限り迅速に対応致しますので、お気軽にお申し付けください。

ABOUT ME
柿崎 悟
柿崎 悟
高校卒業と共に大手害虫駆除会社に勤務。今は害虫害獣駆除サービス「スマートサービス」のハチ駆除を担当しています。ハチで困ったときに知っておいたほうが役に立つ情報を作業者の目線で発信出来ればと思います。
ハチの被害を迅速に解決!
到着までにかかる時間 最短10分

お家の近くにハチの巣がある状態は大変危険です。
ご家族や、ご近所の方に被害が出る可能性があります。危険なハチはプロに依頼して素早く、安全で確実に駆除を!

『スマートサービス』では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するならスマートサービスにお任せください。

スズメバチ・アシナガバチ・ミツバチ、あらゆるハチの駆除をお任せください!

ハチの駆除 8,000円(税別)~