ハチ駆除

アシナガバチの特徴や習性とは?発生時期について解説します。

毎年秋頃になると、スズメバチやアシナガバチなど様々なハチの繁殖期を迎えます。

その関係で、自宅の軒先でハチの巣を見かける機会も増えますよね。

特に小さいお子様やご高齢の方がいらっしゃるご家庭では、アナフィラキシーショックなども考えるととても心配。

ここでは、アシナガバチの特徴や発生時期を詳しくお届けします。

ちょっとスズメバチとは違う見た目だけど…

アシナガバチでも刺されるの?

と不安な方もアシナガバチの特徴を理解して対策を講じましょう。

アシナガバチの特徴について解説します

現在、日本にアシナガバチはなんと3属11種類も生息しています。

私たちは、アシナガバチと一括りにしていますが、実際には様々な種類が存在しているのです。

基本的な性格は大人しく、攻撃性も高くはないため、スズメバチほど恐ろしいハチではありません。

しかし、人間側が誤ってアシナガバチの巣を刺激してしまったり、攻撃してしまうと応戦してきます。

スズメバチのような強い毒はないものの、アシナガバチにも痛みを引き起こす成分があるため、刺された場合、アナフィラキシーを引き起こす場合も確認されています。

一般的なアシナガバチの特徴について

アシナガバチを見たことがないという方も多くいらっしゃいますので、見た目の特徴について触れていきます。

<アシナガバチの主な特徴>

見た目 細身で小型1.2〜2.5cmほど。細身の体に黄色線が入っています。
毒の強さ スズメバチと比較すると弱いが、刺されると激しい痛みを伴います。アナフィラキシーを引き起こすことも。
性格 基本的には大人しく、巣の1m以内に近寄らなければ基本的には刺されません。
飛び方 スズメバチと違い、足をダラーンと下げて飛びます。非常に特徴的です。

 

基本的には、上記のような特徴があります。

ただ、前述でご紹介した通りアシナガバチと言っても、代表的なものだけで「セグロアシナガバチ」・「フタモンアシナガバチ」・「キアシナガバチ」などの3種類がおり、特徴についても若干異なります。

この中では、セグロアシナガバチが最大の大きさで、体長21〜26mmほど。アシナガバチの中では、攻撃性が強いため注意が必要です。

スズメバチとは違うハチを見かけても、安易に近寄らないことが重要。

アシナガバチの巣の特徴を解説します

アシナガバチの巣は、非常に特徴的ですので、ハチ駆除業者ではなくてもある程度判別可能です。

具体的には、シャワーヘッドのような形をしており、巣の1つ1つに六角形の穴が開いています。

また、巣作り状況によっては、所々白い繭があり、表面に何匹ものアシナガバチが群がっていることがあります。

この状態だと至近距離まで近づかないと、ハチから警戒されることは少ないものの、小さいなお子様などで不意に近づいてしまうこともありますので、十分注意しましょう。

アシナガバチが巣を作る場所ですが、毎年最も多く確認されるのが『軒下』になります。

外壁やベランダ、屋根、窓枠、庭木など至るところに巣を作るため、人間の生活環境と非常に近いです。

アシナガバチの発生時期

アシナガバチの行動パターンや発生時期を理解し、事前に被害に遭うことがないよう対策を講じましょう。

アシナガバチは、毎年4月頃になると、巣作りを開始します。

越冬した女王蜂が、1匹で巣作りをスタート。この段階では、働き蜂はまだいないため、比較的ハチに襲われる危険性は少ないです。

5月〜6月頃になると、働き蜂が生まれるため、巣が一気に大きくなります。まさにシャワーヘッドのような見た目になるのもこの頃。

働き蜂が生まれると、行動が一気に活発化し、うかつに近くとアシナガバチに襲われるリスクも増加します。

7〜8月頃になると、6月頃よりもさらに巣が大きくなり、80〜200房のハチの巣が形成されます。

8〜10月頃は、アシナガバチの繁殖期に当たるため、最も攻撃性が高まる時期

9月下旬には、新女王蜂が誕生し、巣もこれ以上大きくなりません。

働き蜂が非常に興奮している時期ですので、巣に近づくと危険です。

11月以降、新女王蜂は風の当たらない安全な場所へ移動し、越冬します。

このように、アシナガバチは4月頃から活動しはじめます。

アシナガバチはどのように攻撃してくるの?

アシナガバチは、基本的には大人しい性格ですが、繁殖期や巣に近づき過ぎるとすかさず攻撃してきます。

ここでは、アシナガバチの攻撃パターンについて詳しくご紹介します。

アシナガバチの攻撃パターンは以下の通りです。

<アシナガバチの攻撃パターン>

見張り 巣の表面で警戒している働き蜂が、外敵の接近を見張ります。
警戒 外敵を監視しさらに近づいてこないか警戒します。
威嚇 巣の1m以内に近づく、もしくは巣を揺らすなどの行動をとると、巣を飛び立ち威嚇します。
攻撃 それでも外敵が接近した場合には、毒針を出して攻撃します。

このように、アシナガバチの攻撃パターンは、大きく分けて4段階となっています。

基本的には、慎重に外敵が接近するかを監視し、それでも接近してくる場合には、体全体を細かく振動させ、お腹を曲げて頻繁に毒針を出し入れします。

そして、それでも巣に近づいた場合には、一斉に毒針で刺してくるのです。

毒針で外敵を刺しても、その場から離れて、もう一度攻撃します。

まとめ

アシナガバチの基本的な特徴は、大人しい性格でハチの方から人を襲うということはありません。

しかし、不用意にハチに近づいてしまったり、巣に触れると必ず攻撃してきます。

ぜひ、アシナガバチの習性や行動を理解して、軒先で巣を発見してしまった際はできるだけ早期に駆除をすることをおすすめします。

働き蜂が活発化する5月頃になると、駆除をするのも危険です。このような場合には、不用意に巣に近寄らずハチ駆除の専門業者に依頼することをおすすめします。

弊社は、ハチ駆除の専門業者として出張診断やお見積もりは無料で対応させて頂いております。

また、全国に営業所を保有しているため、9時〜18時にご連絡を頂けますと、即日対応も可能です。

時間外であってもできる限り対応致しますので、お気軽にお申し付けください。

ABOUT ME
柿崎 悟
柿崎 悟
高校卒業と共に大手害虫駆除会社に勤務。今は害虫害獣駆除サービス「スマートサービス」のハチ駆除を担当しています。ハチで困ったときに知っておいたほうが役に立つ情報を作業者の目線で発信出来ればと思います。
ハチの被害を迅速に解決!
到着までにかかる時間 最短10分

お家の近くにハチの巣がある状態は大変危険です。
ご家族や、ご近所の方に被害が出る可能性があります。危険なハチはプロに依頼して素早く、安全で確実に駆除を!

『スマートサービス』では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するならスマートサービスにお任せください。

スズメバチ・アシナガバチ・ミツバチ、あらゆるハチの駆除をお任せください!

ハチの駆除 8,000円(税別)~