屋根修理

【保存版】屋根修理の費用相場について解説!屋根材別の単価をご紹介

ご自宅の経年劣化と共に屋根材に亀裂が入ってしまったり、苔や藻、カビが発生したり、結露で腐食してしまうなど不安に感じることはありませんか?

ご自宅も10年、20年と年月が過ぎれば至るところに不具合が生じますよね。

屋根の補修や修理が必要になった場合に、「屋根修理業者に、はやく見てもらわないと」と感じる人も多いかと思います。

もちろん屋根修理の専門家に適切な診断をしてもらうことは非常に重要なのですが、それ以前に依頼者側も費用相場について把握しておくことは大切なんです。

ここでは、屋根修理をスムーズに進めるための修理費用相場について、屋根材別に解説させて頂きます。

屋根周りの修理は、簡単なものであれば10万円以内に収まる場合も多いですが、葺き替え工事など大規模になると、数百万円かかるものもあります。

ぜひ、相場を把握して実績のある屋根修理業者に依頼しましょう。

屋根修理の費用相場を項目別に解説します!

屋根修理の項目別の費用相場は以下の通りです。

修理内容 約30坪での費用相場
棟板金の交換作業 3万〜10万円
雨樋修理 3千〜10万円
修理が必要な雨樋の規模によって費用は異なります。
雪止め設置 3万〜80万円
足場が必要、もしくは漆喰の量が増えると費用も変動します。
漆喰補修 3万〜10万円
スレート屋根の差し替え 1万〜5万円
瓦の差し替え 1万〜5万円
雨漏り修理 5万〜30万円

基本的に屋根修理は、不具合が発生している箇所を、応急処置として修理する屋根メンテナンスです。

不具合の箇所が多岐にわたる場合や、被害が大きい場合には、屋根リフォーム等で改善しなければなりません。

また、大変残念がことではありますが、屋根修理業者にも悪質業者が存在します。

屋根修理の無料点検を実施中」などと、甘い言葉を使って、セールスに来た訪問業者には十分注意しましょう。

中には、少額の修理を繰り返すことで、徐々に被害額を大きくするという悪質業者も存在します。

屋根修理の雨漏り調査の費用相場について

ここでは、屋根修理における雨漏り調査の費用相場についてご紹介させて頂きます。

雨漏り調査内容 調査費用
目視確認 無料(業者による)
発光液調査 5〜20万円
散水調査 10〜30万円

※散水で使用する水はご自宅の水を利用させて頂くことが多いです。

赤外線サーモグラフィー調査 10〜40万円

雨漏り調査のうち、最も費用が安く済むのが「目視調査」です。

目視調査は、調査員が屋根にのぼるなどし、雨漏り箇所を特定する調査のこと。もちろん屋根上だけでなく、家の中から屋根裏をのぞくこともあります。

目視調査は、雨漏りの経路や雨漏り跡を調査員の経験で見極めます。
どうしても調査員の経験が頼りのため、経験値によって差が発生します。

その他にも特殊な発光液を塗って調査する「発光液調査」や、雨漏りが疑われる箇所に直接水をかけて確認する「散水調査」などがあります。

散水調査は、依頼者も実際に雨漏りの程度を目視で確認できるため、用いられることが多い調査方法。

その他、雨漏りが疑われる付近の温度によって雨漏りを判断する「サーモグラフィー調査」も使用されることも。

屋根リフォームの費用相場について

屋根修理や補修などで、対応できないような大規模な欠陥が見つかった場合には、部分的な修理では対応できませんので、屋根リフォームを行う場合が多いです。

工法 約30坪のリフォーム費用相場
塗装 40〜80万円
葺き替え 60〜200万円
カバー工法(重ね葺き) 80〜120万円

たとえば、「スレート屋根」などで10年〜15年に一度塗装が必要な場合には、屋根全面を塗装しなければなりません。この場合の費用は、約30坪で40〜80万円となっています。

また、屋根自体が広範囲に傷んでいるような大規模な修繕が必要な場合には、「葺き替え工事」が行われます。

さらに、屋根の劣化状況が最小限で済む場合には、カバー工法が施工されることもあります。

カバー工法」とは、既存の屋根の上に重ねて新しい屋根材を設置する工法のこと。

廃材が発生しない、解体工事費を節約できる、工期が短いなど様々なメリットがありますが、屋根の劣化が激しい場合には、腐食を進める恐れがあるので、導入できない工法です。

屋根材の費用相場について

ここまで、屋根修理における費用相場や屋根リフォーム別の費用相場などをお届けしましたが、屋根修理に関してはどの屋根材を利用するかでも費用は変動します。

ここでは、屋根材別の平米単価の相場をご紹介させて頂きます。

屋根材種類 平米単価の相場
ガルバリウム鋼板 6,000〜8,000円/㎡
コロニアル(ストレート屋根) 5,000〜7,000円/㎡
樹脂・セメント(ストレート屋根) 9,000円〜/㎡
8,000〜10,000円/㎡
本瓦 50,000円〜/㎡
銅板 18,000〜20,000円/㎡

このように、屋根材によってもその費用相場は大きく変動します。

現在、新築住宅の多くに導入されているコロニアル(ストレート屋根)が最もリーズナブルな価格となっております。

また、導入価格が最も高いのが本瓦です。

まとめ

ここまで、屋根修理の内容や工法、雨漏り調査、屋根材別の費用相場についてご紹介しました。

本記事でご紹介した以外でも、実際には仮設足場の設置などで10〜30万円の予算が必要な場合もありますし、状況によって修理やリフォーム費用は大きく変動します。

ぜひ、屋根修理やリフォームの必要性が生じた場合には、複数の屋根修理業者に相見積もりをお願いしましょう。

相見積もりをすることで、市場の適正価格を知ることができますし、悪質業者の詐欺にあう可能性も下がります。

弊社は、屋根修理の専門業者として全国に営業所を保有しており、現地調査や相見積もりのご相談を承っております。

これらは、すべて無料にて対応させて頂いておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

ABOUT ME
山下 幸三
山下 幸三
大学卒業後、大手ゼネコンで設計を担当。現在はスマートサービスの屋根修理分野の記事担当。実家の屋根のリフォーム会社を手伝いながらホームページで屋根周りのことを書いていきます。外装周りならなんでも話せますのでお気軽にお問い合わせください。
屋根修理はプロにおまかせ!
部分修理で低価格を実現!
※状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。
雨漏りを放っておくと天井や屋根が腐り、被害が拡大することも。天井から音がしたり、シミがあるなら、できるだけ早くプロに相談して対策しましょう!

『スマートサービス』では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するならスマートサービスにお任せください。

火災保険で屋根の修理をすることができる?!詳しくはご相談を!

屋根修理 21,000円(税別)~