屋根修理

コロニアル屋根って何?その特徴やメリット・デメリットについて解説

屋根の修理や葺き替えを検討している方で、屋根修理業者から「コロニアル屋根」について提案されたということはありませんか?

もしくは、屋根の葺き替えを検討している段階でコロニアル屋根という言葉をはじめて知ったという方も多いと思います。

実は、コロニアル屋根は日本の家屋において現在最も普及している屋根材なのです。

ここでは、屋根修理の専門業者として数多くのコロニアル屋根について施工をしてきた弊社が、コロニアル屋根の特徴や、メリット・デメリットについてお届けします。

コロニアル屋根の特徴やメンテナンス方法を理解しておくと、導入後のメンテナンス費用も節約できますので、ぜひ参考にしてください。

コロニアル屋根って何?

コロニアル屋根とは、いわゆる瓦屋根と全く異なる「スレート屋根」のことで、「現:ケイミュー株式会社(旧クボタ松下電工外装株式会社)」の商品名のことです。

以前のストレート屋根は、セメントと石綿(アスベスト)を原料として、数多く使用されていました。

しかし、2004年の法律によりアスベストの使用や製造等が禁止となり、現在ではより健康に配慮されたアスベストを使用しない屋根材となりました。

セメントを主原料にしたスレート屋根、コロニアル屋根は、非常に安価で導入しやすく、デザインやカラーラインナップが豊富であることから、現在では日本の家屋のほとんどに設置されています。

屋根重量も非常に軽いため、瓦屋根やセメント瓦屋根から、建物への負担を考慮して、コロニアル屋根に変更する方も多いです。

次章から、さらに詳しくコロニアル屋根の特徴やメリット・デメリットをご紹介します。

コロニアル屋根のメリットとは?

現在、日本家屋への導入率が非常に高いコロニアル屋根なのですが、やはりメリットもあれば、デメリットも存在します。

ここでは、コロニアル屋根のメリットについて詳しくご紹介します。

建物への負担が少ない

基本的には瓦屋根であっても、コロニアル屋根であっても現行の建築基準法に則った建造物であれば、耐震強度は問題ないと言われています。

ただ、瓦屋根の場合には非常に重量がありますので、建物が老朽化してきた場合には瓦の重量によって、建物に負荷をかけてしまいます。

その点、コロニアル屋根であれば非常に軽量なため、建物への負荷を最小限に抑えることが可能です。

たとえば、通常の瓦屋根の場合「約160kg/坪」はあるのですが、コロニアル屋根の場合には「約70kg/坪」と半分以下しかありません。

建物の老朽化における屋根の負荷を考えるなら、コロニアル屋根は最適な屋根材でしょう。

価格がリーズナブル

コロニアル屋根は、屋根素材の中で最もお安い価格で導入することが可能です。以下は、屋根材別の標準価格を表にしたものです。

屋根材の種類 施工単価(㎡)
コロニアル屋根 5,000〜7,000円
瓦屋根 8,000〜10,000円
ガルバリウム鋼板 6,000〜8,000円

上記の表を参考するとおわかり頂ける通り、コロニアル屋根は、その他の屋根材と比較をしても非常にお安いのがわかります。

つまり、経済的に屋根葺き替えを行いたい場合にも、コロニアル屋根はおすすめです。

カラーラインナップが豊富

コロニアル屋根は、カラーラインナップが豊富です。

日本の伝統的な屋根材である「瓦屋根」は、デザインや色は限定的ですが、コロニアル屋根は瓦風のデザインや、洋瓦のようなデザインもあり、色とりどりです。

新築住宅でコロニアル屋根が導入される理由は、価格が安いということもそうですが、それ以前にデザインや種類が豊富だからというのも最大の理由でしょう。

施工業者が非常に多い

多くの日本家屋で導入されているコロニアル屋根は、導入数が多い分、施工実績がある業者も非常に多いです。

つまり、コロニアル屋根に関してのメンテナンスや実績がある業者をすぐに見つけることができ、アフターフォローを含めて困るということがありません。

コロニアル屋根のデメリットとは?

コロニアル屋根のデメリットについてもみていきましょう。価格が安い、カラーラインナップが豊富というメリットだけを見ず、デメリットについても理解しましょう。

野地板の腐食率が高い

コロニアル屋根の施工にあたっては、垂木の上にコロニアル屋根を乗せるための「野地板」と呼ばれる薄い板を貼り、その上に防水シートを敷いてから、コロニアル屋根を設置します。

この防水シートは、つなぎ合わせて敷くため、2枚3枚と重ね合わせて設置します。

すると、野地板とコロニアルの間に設置された防水シートは、熱気を逃すことができず、まるでサウナ状態に。

これにより、結露が発生し、野地板の腐食や防水シートのカビの発生につながるのです。

コロニアル屋根は、導入しやすい屋根ですが、こういったリスクもあるので、定期的なメンテナンスも必要です。

苔や藻、カビが発生しやすい

コロニアル屋根の表面は、種類にもよりますが、多くの場合凸凹とした形状です。

これによって、コロニアル屋根の凹凸に水分がたまりやすくなり、カビや藻、苔が発生しやすくなるのです。

一度、藻や苔、カビが発生してしまうと、次々に増殖して悲惨な状況に陥ります。

さきほどもお伝えした通り、定期的に苔や藻、カビを取り除く等のメンテナンスが重要です。

定期的なメンテナンスが必要

初期費用が割高な瓦屋根ですが、一度設置してしまうと、50年〜100年間メンテナンスは必要ありません。

その一方で、コロニアル屋根は耐久性が「20〜25年」と屋根素材の中では経年劣化が速いです。

また、色褪せるタイミングも速く、10年もすると塗装し直しが必要ですし、経年劣化が激しい場合には、20年ほどで葺き替え工事が必要となってしまいます。

コロニアル屋根の耐久性を維持し続けるためには、10年に一度のスパンで塗装や葺き替えを行いましょう。

まとめ

コロニアル屋根は、現在多くの家屋に導入されている人気の高い屋根素材です。

価格も安価ですし、デザインも豊富でどの住宅にもマッチしやすいです。その一方で、耐用年数が他の素材よりも短く、定期的なメンテナンスも必要。

導入にあたっては屋根修理の専門業者と相談のもと、ベストな素材を選びましょう。

一言にコロニアル屋根と言っても、特徴の異なるさまざまな種類があります。

弊社は、屋根修理を専門にサービスを展開しており、コロニアル屋根についてもご相談も承っております。

出張屋根診断や、お見積もりは無料ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

ABOUT ME
山下 幸三
山下 幸三
大学卒業後、大手ゼネコンで設計を担当。現在はスマートサービスの屋根修理分野の記事担当。実家の屋根のリフォーム会社を手伝いながらホームページで屋根周りのことを書いていきます。外装周りならなんでも話せますのでお気軽にお問い合わせください。
屋根修理はプロにおまかせ!
部分修理で低価格を実現!
※状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。
雨漏りを放っておくと天井や屋根が腐り、被害が拡大することも。天井から音がしたり、シミがあるなら、できるだけ早くプロに相談して対策しましょう!

『スマートサービス』では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するならスマートサービスにお任せください。

火災保険で屋根の修理をすることができる?!詳しくはご相談を!

屋根修理 21,000円(税別)~