屋根修理

屋根修理って何するの?工事の種類と費用相場について解説します

屋根の修理や工事には、一体どのような種類があるかご存知でしょうか。
おそらく、漠然と知ってはいてもその詳細について知る人は少ないかもしれません。

というのも、屋根の耐用年数は、屋根の種類にもよりますが、10年〜30年と言われています。

つまり、比較的耐用年数が長いため、メンテナンスも頻回ではありませんし、屋根の修理や工事についてあまり知らないのも当然なのです。

とはいえ、施工から数十年が経過し、徐々に劣化が進むと雨漏りや場合によっては屋根の葺き替え工事が必要なことも。

ここでは、屋根修理の専門業者である弊社が、屋根の工事や修理の種類とその費用相場についてご紹介します。

屋根の不具合が起きる前に、おおよその費用や修理、工事の内容を把握しておくことは大切なことですから、ぜひ参考にしてください。

屋根の修理や工事の種類とその費用相場について

ここでは、具体的に屋根の修理やその費用相場について解説させて頂きます。

どのような種類の修理があるのかご確認頂き、将来発生する屋根修理の費用についても確認してみてください。

屋根の葺き替え工事

屋根の葺き替え工事とは、築30年以上などで、屋根の経年劣化が激しく、雨漏りを起こしている状況や傷みが激しい場合に既存の屋根材を全て撤去して、新しい屋根材へ交換する改修工事のことを言います。

葺き替え工事のメリットとしては、屋根材を全て新しい物へ交換するため、施工する住宅の寿命が伸びます。

また、防水シートや野地板なども全て交換するため、雨や風から建物を守る機能も蘇ります。

さらに、屋根の葺き替え工事を行うことで、耐震性も高まる場合もあります。軽い屋根材を導入することで、瓦屋根と比較して、住宅にかかる負荷が少なくなるのです。

その一方で、葺き替え工事のデメリットとしては、「費用が非常に割高」だということ。

屋根の葺き替え工事費用相場

工事内容 既存の屋根材とその下に敷いてある防水シート、および野地板を撤去し、新しい物へ交換する。
時期 築20年前後
期間(日数) 7日間程度
費用相場(約30坪) 60〜200万円

屋根の葺き替え工事を行う必要があるかどうかは、屋根修理業者にしっかりと現地調査をしてもらうことが重要です。一社の調査でなく、可能な限り複数の業者に見てもらうようにしましょう。

屋根重ね葺き工事(カバー工法)

屋根工事の種類として、葺き替え工事とともによく聞かれるのが「屋根重ね葺き工事(カバー工法)」になります。

カバー工法とは、屋根の経年劣化、傷みが激しくない場合や、工事費用を少しでも抑えたい場合、さらに野地板が傷んでいない場合に利用される工事手法になります。

具体的には、屋根の葺き替え工事のように古い屋根を剥がすことなく、古い屋根の上に防水シートを貼り、新しい屋根に張り替える工事のこと。

カバー工法のメリットとしては、さきほどもご説明した通り「工事費用を抑えることができる」、「葺き替え工事よりも短期間で施工できる」などがあります。

デメリットとしては、屋根が二重になるため屋根全体の重量が増してしまい、地震対策などにはならないこと、さらに下地がもともと傷んでいる場合には対応できないことが挙げられます。

カバー工法の工事費用相場

工事内容 既存の屋根材の上に、新しい屋根材を重ねるように取り付けます。
時期 築20年前後
期間(日数) 5〜7日間程度
費用相場(約30坪) 80〜120万円

施工にあたっては、既存の屋根の防水シートや野地板が腐食していないか、カビや劣化が進んでいないかをしっかり調査してもらう必要があります。

下地の腐食が進んでいるのに、その上から新しい屋根材を取り付けてしまうとさらに劣化を進めてしまうからです。

施工にあたっては、十分な実績のある屋根修理業者に依頼しましょう。

屋根塗装工事

屋根塗装工事とは、その名の通り屋根の塗装が剥がれてしまった場合や、経年劣化と共に屋根の防水機能が衰えてしまった場合に施工する工事のこと。

塗装が剥がれてしまうと、雨や風などの自然環境からのダメージを直接受けてしまうため、塗装が必要となってきます。

塗装工事の費用相場

工事内容 既存の屋根を洗浄し綺麗にした後で、屋根専用の塗料を塗ります。塗料には、遮熱性があるものなど様々な種類があります。
時期 築7〜20年前後
期間(日数) 10〜12日間程度
費用相場(約30坪) 40〜80万円

屋根専用の特殊な塗料を塗るため、塗る回数は3回ほどになります。

3回塗りが基本となっておりますので、塗装工事を依頼した屋根修理業者が2回塗りや、1回塗りの場合には注意が必要です。

漆喰補修工事

漆喰補修工事とは、日本瓦の下に敷かれている漆喰(しっくい)という石灰に、ふのりや粘土を混ぜ合わせた土状のものが劣化してしまうことを防ぐために行われます。

漆喰があることによって、瓦屋根と下地との接着剤の役目を果たしますが、漆喰は年月が経過すると、崩れてボロボロになってしまいます。

ボロボロになってしまうと、屋根と下地を接着する機能が衰え、漆喰の剥離や瓦のズレ、雨漏りの原因にもなります。

漆喰補修工事の費用相場

工事内容 劣化した漆喰を入れ直す、または詰めたりして補修を行う。
時期 築15年前後
期間(日数) 2〜4日間程度
費用相場(約30坪) 30〜80万円

瓦自体の耐用年数は、約30年以上と非常に長いのですが、漆喰自体の耐用年数は、約15年と瓦よりも短い結果になっています。

つまり、数年が経過した時点で漆喰に問題がないかメンテナンスをする必要があります。

定期的に、屋根修理の専門業者に見てもらうようにしましょう。また、漆喰補修工事に関しても、実績のある屋根修理業者選びが重要となりますので、ぜひ一度複数の事業者へ相見積もりを依頼してください。

棟板金交換工事

棟板金とは、コロニアル系のストレート屋根のてっぺんにある金属の山形の板のことを言います。

棟板金は、屋根と屋根の面が合わさる山状の接合部分にあたるため、非常に重要な部品です。

棟板金があることで、屋根材の継ぎ目を固定し地震や災害から住宅の損傷を防ぎます。また、雨漏りのリスクを最小限に抑えてくれているのです。

ストレート屋根に多く採用されている棟板金ですが、実は耐用年数が約15年もあるにもかかわらず、わずか6年ほどで外れてしまう場合があります。

その一番の原因が施工不良により、棟板金を止める釘が緩んでしまうこと。

敷地内から、屋根を見上げたときに、なんだか棟板金が浮いているように感じる場合には要注意でしょう。

棟板金も、施工から数年間が経過して時点で、一度点検をすることをおすすめします。

棟板金交換工事の費用相場

工事内容 既存の棟板金を一度取り外して、新しい棟板金を取り付けます。なお、木材下地が腐食している場合には、こちらも取り替えます。
時期 築10〜15年前後
期間(日数) 2〜4日間程度
費用相場(約30坪) 20〜80万円

雨樋交換工事

雨樋(あまどい)とは、住宅の軒先に取り付け、雨水を集めまとめて排水する機能をもった装置のことです。

雨樋は、メンテナンスを怠るとゴミや枝、土などが詰まりやすくなり、放置してしまうと雨が降った際に、適切に雨水が排出されず、屋根自体を傷めてしまうこともあります。

このような原因を取り除くため、雨樋のメンテナンスや雨樋の損傷が激しい場合には、雨樋交換をする必要があるのです。

雨樋交換工事の費用相場

工事内容 雨樋の劣化箇所の交換。
時期 築10年前後
期間(日数) 1〜3日間程度
費用相場(約30坪) 3千円〜10万円

まとめ

今回は、屋根修理における工事や修理の種類と費用相場についてご紹介させて頂きました。

屋根修理の知識に触れる機会は、非常に少ないかと思いますが、たとえば住宅施工後数年が経過した時点で、なんらかの不具合が発生することもありますから、ぜひどのような工事が受けられるのか、その内容と費用相場についてチェックしてみてください。

弊社は、屋根修理の専門業者として、9時〜18時までにお問い合わせを頂けますと即日対応も可能でございます。

また、現地調査やお見積もりは無料でございますので、お気軽にお申し付けください。

ABOUT ME
山下 幸三
山下 幸三
大学卒業後、大手ゼネコンで設計を担当。現在はスマートサービスの屋根修理分野の記事担当。実家の屋根のリフォーム会社を手伝いながらホームページで屋根周りのことを書いていきます。外装周りならなんでも話せますのでお気軽にお問い合わせください。
屋根修理はプロにおまかせ!
部分修理で低価格を実現!
※状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。
雨漏りを放っておくと天井や屋根が腐り、被害が拡大することも。天井から音がしたり、シミがあるなら、できるだけ早くプロに相談して対策しましょう!

『スマートサービス』では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するならスマートサービスにお任せください。

火災保険で屋根の修理をすることができる?!詳しくはご相談を!

屋根修理 21,000円(税別)~