屋根修理

屋根材種類別のメリット・デメリットとは?素材の特徴も徹底解説

古くからある日本の伝統的な屋根といえば、瓦屋根ですよね。

瓦屋根は、一度施工するとメンテナンスの必要性がほとんどなく、耐用年数も30年以上もあることから、広く導入されてきました。

基本的に瓦屋根は重量があり、非常にどっしりしているため本来地震には強い素材になります。

しかし、築30年以上が経過し老朽化した木造住宅などでは、住宅構造が劣化しているため、地震の際に瓦屋根の重みに耐えきれなく倒壊してしまうというリスクが発生しています。

一般的に、瓦屋根は地震に弱いと思われがちですが、耐震強度を決定づける要素のほとんどは、住宅構造にあります。

つまり、住宅構造がしっかりしていれば瓦屋根であっても軽い素材を使用した屋根であっても耐震強度にはほとんど差がありません。

ここでは、住宅にあった屋根素材にはどのようなものがあるのか、その種類とメリット・デメリットをご紹介します。

リフォームや屋根の葺き替えを検討中の方も、ぜひご覧になってください。
屋根素材は、住宅構造にマッチした素材を選ぶことが重要です。

建築基準法改正前の住宅は注意が必要です

屋根素材の種類や特徴についてご説明する前に、「建築基準法」についてご説明させて頂きます。

建築基準法は、1981年に改正を行いました。改正後の建築基準法は、屋根の重さを考慮した構造計算が義務づけられており、屋根重量に応じて、壁量や柱、梁の太さを確保しなければなりません。

つまり、建築基準法が改正となってから建てられた住宅に関しては、屋根素材が瓦であってもストレート屋根であっても耐震強度に影響はないと言えます。

ところが、建築基準法が改正となる前に建てられた住宅に関しては、現行法と比較しても耐震基準が弱く、細い柱や梁を使用している場合もあります。

また建築基準法改正前の住宅は、築30年以上が経過しており、非常に構造としても老朽化が目立ちます。

このような観点から、中には瓦屋根の重量に耐えられず地震の際に倒壊のリスクがある住宅があるのも事実です。

このような住宅にお住まいの方は、「耐震診断」や「耐震補強」、「屋根材の葺き替え」を検討されることをおすすめします。

自治体によっては、これらの費用を補助してくれる場合もありますので、一度お住まいの自治体に相談してみてください。

屋根材の種類とメリット・デメリットを解説します

日本家屋に導入されている屋根材の種類には、主に「」、「セメント瓦」、「化粧ストレート」、「ガリバリウム鋼鈑」の4タイプがあります。

それでは、それぞれの特徴やメリット・デメリットをみていきましょう。

日本を代表する屋根材の種類としては、瓦屋根があります。

瓦は粘土を使った焼き物で、釉薬をかけた「陶器瓦」や釉薬をかけない「いぶし瓦」、「素焼き瓦」があります。

瓦屋根は、どの素材と比較をしても非常に耐久性がよく、少なくても30年以上。50〜100年程度の耐久性を持っています。

瓦屋根のメリット

瓦屋根は、50〜100年程度の耐久性があり、一度施工してしまえば、瓦自体のメンテナンスの必要性はほとんどありません。

瓦と下地を接着している漆喰(しっくい)については、メンテナンスをする必要はありますが、瓦自体は非常に耐久性が高い素材といえます。

瓦の性能としては、耐久性のほかに「耐火性」、「防錆性」、「断熱性」、「保温性」があり優れた性能を発揮します。

また、日本ならではという伝統的な見た目も素晴らしいものがあるでしょう。

瓦屋根のデメリット

瓦屋根のデメリットとしては、設置費用がもっとも高いということです。㎡あたりの目安価格として「8,000〜1万円」となっています。

釉薬瓦となると、「8,000〜16,000円」と割高です。

ちなみに、一般的な戸建の屋根面積は、「80〜120㎡」ですから、全てに新しい瓦を導入した場合、数百万円という高額な費用が必要です。

瓦屋根の施工価格と耐用年数

工法 約30坪のリフォーム費用相場 約30坪のリフォーム費用相場
塗装 40〜80万円 40〜80万円
葺き替え 60〜200万円 60〜200万円
カバー工法(重ね葺き) 80〜120万円 80〜120万円

瓦屋根は、そのほかの素材と比較をしても、コストがかかります。

また、改正前の建築基準法に準じて建てられた住宅の場合には、構造上の問題がありますから、瓦屋根の設置の際は、耐震診断を行う必要があります。

セメント瓦

セメント瓦は、砂などの骨材を混ぜたモルタルをプレスし、その後脱水、成形し塗料で着色を行った屋根材になります。

陶器瓦よりも、割れやすいという特徴がありますが、それでも30〜40年の耐久性があります。

セメント瓦のメリット

陶器瓦の一般的な重量が、約160kg/坪と非常に重量があるのに対してセメント瓦は約140kg/坪と陶器瓦よりは軽いです。

耐久性があり軽い瓦をお探しの方には、おすすめできる素材です。

そのほか、「耐火性」や「防錆性」があり、雨音が気にならないというメリットも存在します。

また、前章でもご紹介しましたが、設置価格も通常の瓦と比較をすると安く設置できるため、瓦素材を導入したい方には良いでしょう。

また、耐久性ですが陶器瓦には勝りませんが、それでも「20〜40年」の耐久性がありますので、一度設置すれば長く愛用できますね。

セメント瓦のデメリット

セメント瓦のデメリットとしては、陶器瓦よりは軽いとはいえ、それでも約140kg/坪ありますから、導入する際は、改正後の建築基準法をクリアした頑丈が構造の住宅が必要です。

建築基準法の改正前の住宅に施工したい場合には、「耐震診断」等で専門家に相談の上導入してください。

セメント瓦も、20〜40年の耐久性はありますが、10〜20年ほどで色あわせてしまうため、塗装等のメンテナンスが必要になります。

陶器瓦は、ほとんどメンテナンスが必要ありませんが、この点でセメント瓦の特徴が異なります。

なお、陶器瓦と同様に工期については、長めとなっています。

化粧スレート

化粧スレートとは、セメントや人工繊維、天然繊維などを「天然スレート(薄く加工した粘板岩)」のように加工し、塗料で着色した屋根材になります。

簡単にご説明すると、化粧スレートとは、薄く平べったいセメントの板のこと。

豪雪地帯など施工できない地域を除いては、今日本で最も普及している屋根材となります。

薄い板のため、見た目が非常にシンプルで、色も数十種類のラインナップがあり、デザイン上も人気があります。

化粧スレートのメリット

化粧スレートのメリットは、デザインがシンプルで色が豊富であることから、さまざまな住宅に対応できる点でしょう。

また、日本の住宅に導入されている屋根材の中では、最も安価で「5,000〜7,000円/㎡)」で導入可能となっています。

また、瓦屋根やセメント瓦と比較をすると、重量が「約70kg/坪」と半分以下と非常に軽いため、建物への重量の負担がほぼありません。

化粧スレートの形も、「洋瓦型」や「平瓦型」など種類があるため、どの住宅にも対応可能。

化粧スレートのデメリット

化粧スレートは、設置価格が最もリーズナブルですし、デザインも豊富で良いことばかりの印象を受けます。

しかし、化粧スレートにもデメリットが存在します。

それは、他の屋根材と比較をして耐久性が劣るということです。

あくまで目安ですが、化粧スレートの耐久性は「20〜25年」となっております。

通常の瓦屋根の耐久性が、50〜100年と言われていますから、半分以下の耐久性しかありません。

また、台風や地震等で割れやすいのも特徴でしょう。

さらに、メンテナンスの面でも、10年ほどで色あせてしまうことが多く、苔やカビが発生しやすくなるため、定期的な塗装やメンテナンスが欠かせません。

それ以外ですと、「耐火性」や「防錆性」はあるのですが、「断熱性」は低いです。

最も導入しやすい化粧スレートですが、製品にもよりますが、20年も放置すると割れやすくなり、10年もすれば塗装が必要で、20〜25年で全面葺き替えをしなければならない場合もあります。

そうなると、メンテナンス費用や施工費、材料費、足場代を合わせると、100万円ほどかかってしまいます。

施工してから、10〜20年で高額なメンテナンス費用がかかるという点で、導入する前にはじっくりと検討する必要があります。

ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板とは、鉄板をアルミと亜鉛、シリコンで両面加工を施した金属の屋根材のこと。

ガルバリウム鋼板は、セメント瓦と同様の耐久性を誇り、化粧スレートと比較をしても非常に耐久性がある素材です。

また、導入価格も安価なため、最近の住宅では普及率が上昇しています。

ガルバリウム鋼板のメリット

ガルバリウム鋼板のメリットは、なんと言っても、導入価格の安さと耐久性にあります。

導入価格は、「6,000〜8,000円/㎡」となっており、瓦素材と比較すると非常にリーズナブルな価格。

また、耐久性ですが瓦素材まではいきませんが、それでも「30〜50年」もあり、比較的長く愛用できます。

その上、基本的にメンテナンスは不要であるため、施工してしまえばほぼ費用がかかりません。

これらのことから、ランニングコストを考慮すると、最もコストパフォーマンスが良い素材と言えます。

さらに、ガルバリウム鋼板のメリットは「軽さ」にもあります。
坪あたり約20kgしかないため、建物に負担を与えません。

形や色が豊富で、瓦のようなデザインもあり、さまざまな住宅にマッチするのも人気の理由でしょう。

ガルバリウム鋼板のデメリット

ガルバリウム鋼板は、メリットが非常に多い屋根材ですが、見た目がチープに感じる人がいるのも事実。

高級感のある見た目という点では、他の素材よりは劣ってしまうかもしれません。

また、防錆性に関しては他の素材と比較をするとやや劣ります。さらに、台風などにより枝や物が飛んできたり強い衝撃が加わると、へこむことがありますので、注意が必要。

屋根材の葺き替えなら「軽量防災瓦」も注目!

ここまで、屋根材別の種類やメリット・デメリットをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

ここで、最新おすすめ屋根材を1つご紹介させて頂きます。

たとえば、このようなお悩みはありませんか?

瓦屋根を検討しているのだけど、重要があり、経年劣化による住宅への影響が心配だ

瓦屋根は、どの屋根材よりも耐久性があり、メンテナンスもほぼ必要ないことから、一度施工してしまえばランニングコストを最小限に抑えることが可能。

しかし、屋根材の中でもっとも重量があるため、建物の老朽化と共に構造への負担がかかります。

実は、そのような瓦屋根のデメリットを軽減した素材があります。

それが「軽量防災瓦」です。

軽量防災瓦とは、一般的な瓦の特徴や機能はそのままに、その重量を1割ほど軽くした瓦となっています。

また、重量は軽くなっても瓦同士がかみあう構造となっているため、台風や災害時に瓦が浮き上がるようなこともありません。

災害に強いだけでなく、重量が軽くなったことで、建物への影響も最小限で済むため非常に魅力的な屋根材と言えます。

ガルバリウム鋼板を上質に「自然石粒付鋼板」もおすすめ!

ガルバリウム鋼板は、導入価格もお安く、耐久性にも優れており今非常に人気のある屋根材です。

しかし、見た目がややチープに見えるという方もおりますし、台風等により物が飛んでくるとへこんでしまうリスクもあります。

そのようなガルバリウム鋼板の弱点を最小限に抑えたのが「自然石粒付鋼板」です。

自然石粒付鋼板は、ガルバリウム鋼板のメリットはそのままにし、ガルバリウム鋼板の弱点であった「遮熱性」、「防音性」、「防錆性」、「防傷性」を高めている屋根材です。

デザインの自由度も非常に高く、日本瓦や洋瓦をイメージしたデザインがあり、さまざまな建造物にマッチします。

価格は、瓦屋根と同様の価格となり、ガルバリウム鋼板よりは割高ですが、検討してみるのも良いかもしれません。

まとめ

屋根材の種類は、日本伝統の瓦屋根から、より安価な化粧スレート、セメント瓦、ガルバリウム鋼板と多種多様です。

それぞれメンテナンスの必要性や耐用年数、重量などの特徴が異なりますので、屋根材の葺き替えや老朽化した建物の屋根材の交換を検討中の方は、ぜひ専門家とも相談の上、建造物にあった屋根材を選択してみてください。

弊社は、屋根修理の専門業者として、老朽化した屋根の補修や葺き替え工事も数多く施工しています。

出張診断や、お見積もりは全て無料で対応させて頂いておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

また、9時〜18時までにご連絡を頂けますと即日対応も可能となります。時間外であってもできる限り、対応させて頂きます。

ABOUT ME
山下 幸三
山下 幸三
大学卒業後、大手ゼネコンで設計を担当。現在はスマートサービスの屋根修理分野の記事担当。実家の屋根のリフォーム会社を手伝いながらホームページで屋根周りのことを書いていきます。外装周りならなんでも話せますのでお気軽にお問い合わせください。
屋根修理はプロにおまかせ!
部分修理で低価格を実現!
※状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。
雨漏りを放っておくと天井や屋根が腐り、被害が拡大することも。天井から音がしたり、シミがあるなら、できるだけ早くプロに相談して対策しましょう!

『スマートサービス』では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するならスマートサービスにお任せください。

火災保険で屋根の修理をすることができる?!詳しくはご相談を!

屋根修理 21,000円(税別)~