屋根修理

屋根修理における足場の設置費用相場について解説!どうして足場設置は高いの?

外壁の塗装や、屋根修理においてはほとんどの場合、足場を組まなければなりません。

多くの場合、外壁塗装の見積もりや屋根修理における修理費用を重視して屋根修理業者を選んでしまいますが、実は足場の設置費用も意外と無視できない価格となっている場合が多いです。

ここでは、足場の設置費用における費用相場について、屋根修理の専門業者である弊社がお届けします。

また、屋根修理においてどうして足場の設置費用が割高になるのか、その理由についても説明させていただきます。

屋根のメンテナンスや修理を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

屋根修理における足場の設置費用相場について

屋根修理における足場の設置費用相場については、業者によって多少のばらつきはあるものの、1㎡あたり700〜1,000円が相場になります。

1㎡の足場を組むのにこれほど費用がかかるとは想像していない方が多く、弊社に問い合わせがあるお客様の中にも、他の業者様で高額な足場代が見積もりとして算出されているとの相談が来る場合があります。

屋根修理における足場の設置費用は、一般的な2階建ての住宅の場合、足場の設置だけで「15〜20万円」が相場費用です。

ですので、これから屋根や外装塗装を検討されている方は、業者へ見積もり書を作成いただき、費用が「1㎡あたり1,000程度」であるか確認してください。

基本的には、上限が1,000円程度であれば、許容範囲であるものの、それ以上となると相場よりも高い印象を受けます。

屋根修理における足場無料は注意が必要!

屋根修理や外壁塗装などでは、多くの場合足場を組む必要があるのですが、屋根修理業者の中には「足場代金無料キャンペーン」などを実施している業者もいらっしゃいます。

もともと割高なイメージの強い足場代金だけに、無料と聞くとぜひその業者に依頼しようと安易な考えになりがちですが、弊社としてはこのような売り文句でキャンペーンをする業者はおすすめしておりません。

というのも、屋根修理における優良業者であれば足場代金が無料になることは基本的にありえません。

その理由として、足場の設置には資材の運搬や人件費などかなりの労力が必要です。

足場の設置は、確実に屋根修理を実施するためには安全上の観点からも、非常に重要な要素を占めます。

そのため、足場の設置が無料ということは、その他の修理費用が高額になっている恐れがあり、屋根修理の悪徳業者がこのような手口を使用することが多いです。

前章でもお伝えしましたが、足場の設置費用は、一般的な2階建ての住宅で「15〜20万円」が相場となっており、これを無料にしてしまうと、屋根修理業者としてはかなりの痛手です。

屋根修理の悪徳業者は、「近所で屋根修理をしていて資材の運搬費がかからないから、足場代を無料にできます」など非常に巧みな話術で勧誘してきます。

屋根修理の優良業者はこのようなことはありませんので、ご注意ください。

屋根修理における足場の設置は労働安全衛生法で定められている

屋根修理において「足場の設置は、本当に必要なの?」と疑問を持たれている方も多いかもしれません。

高額になりやすい足場の設置ですから、このような不安があるのも当然です。

基本的に足場の設置は、労働安全衛生法「労働安全衛生規則 第五百十八条」にて明確に記されています。

労働安全衛生規則 第五百十八条

事業者は、高さが二メートル以上の箇所(作業床の端、開口部等を除く。)で作業を行なう場合において墜落により労働者に危険を及ぼすおそれのあるときは、足場を組み立てる等の方法により作業床を設けなければならない。

引用:労働安全衛生規則|電子政府の総合窓口e-GOV

つまり、屋根修理において高さが2m以上の箇所の場合には、足場を組むことが法律で義務付けられているのです。

これは、現場の作業員の命を守るという観点や、依頼主の大切な財産を守るという意味において非常に大切なことです。

足場の設置費用は足場の種類によっても価格が変動する

実は、足場といってもいくつかの種類があります。その種類によっては、設置価格に差がありますので注意しましょう。

単管足場

2本の丸いパイプを並行してつなぎ、設置する足場のことを意味します。
足場の種類の中では、最もリーズナブルな足場になりますが、その分パイプの隙間に足をとられるなど事故を起こす可能性も。

単管ブラケット足場

ブラケットという金具を使用して足場を組むタイプになります。通常の単管足場よりも安定性が高く、比較的安全な足場として知られています。

クサビ足場

組み立てと解体をスムーズに行えるだけでなく、安定性も高い足場になります。

住宅の建築やリフォームの現場で最も多く使われる可能性の高い足場です。

足場の価格としては、クサビ足場が最も割高になります。

まとめ

屋根修理における足場の設置費用は、どうしても割高になる傾向が。

しかし、屋根修理などをする際に、竜巻などの突風や台風等の損害で屋根修理が必要となった場合には、「火災保険」の「風災補償」を利用できる場合があります。

風災補償を利用すれば、できる限り負担が少ない状態で足場の設置ができるため、条件にもよりますが、風災補償の検討をしてみてください。

加入されている火災保険の保険会社に相談することで、条件に適合しているか判断してもらえます。

また、屋根修理や足場の設置を実施する場合には、複数社に相見積もりを依頼することをおすすめします。

最低でも2〜3社に相見積もりを依頼することで、足場の設置費用についても適正価格を判断できますよね。

弊社は、屋根修理の専門業者として9時〜18時までにご連絡をいただけますと即日対応も可能になります。また、時間外であってもできる限り対応させて頂きます。

出張診断や相見積もりも無料で承っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

ABOUT ME
山下 幸三
山下 幸三
大学卒業後、大手ゼネコンで設計を担当。現在はスマートサービスの屋根修理分野の記事担当。実家の屋根のリフォーム会社を手伝いながらホームページで屋根周りのことを書いていきます。外装周りならなんでも話せますのでお気軽にお問い合わせください。
屋根修理はプロにおまかせ!
部分修理で低価格を実現!
※状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。
雨漏りを放っておくと天井や屋根が腐り、被害が拡大することも。天井から音がしたり、シミがあるなら、できるだけ早くプロに相談して対策しましょう!

『スマートサービス』では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するならスマートサービスにお任せください。

火災保険で屋根の修理をすることができる?!詳しくはご相談を!

屋根修理 21,000円(税別)~