屋根修理

【徹底解説】屋根修理における火災保険の申請方法とその条件とは?

屋根に大規模な雨漏りがある

屋根修理にできるだけお金をかけたくない

上記のようなお悩みをお持ちの方も多くいらっしゃるかと思います。

屋根修理は、部分的な修理であれば、あまり費用がかからない場合もありますが、大規模な補修が必要な場合には時に数百万円も費用がかかる場合が。

このように、費用が割高になる屋根修理だからこそ、少しでも費用を削減したいですよね。

ここでは、屋根修理の専門業者である弊社が屋根修理における火災保険の申請方法とその条件についてご紹介します。

果たして、屋根修理に火災保険が適用となるのでしょうか。詳しくみていきます。

屋根修理における火災保険の種類とは?

火災保険というと、火災や落雷などで住宅が損害を受けた場合に補償される保険というイメージが強いです。

しかし、実際には火災保険にもいくつかの種類があり、その中で風災や雪災、水害、盗難などが対応しているものがあります。

ここでは、屋根修理における火災保険の種類についてご説明します。

火災保険の種類

火災保険種類 補償対象 備考
住宅火災保険 火災・落雷・破裂・爆発・風災・雪災など 自己負担額の設定によっては保険金が補償されないケースも。
住宅総合火災保険 住宅火災保険の補償対象に加えて、水害・盗難・破損・いたずら書きなど 自己負担額の設定によっては保険金が補償されないケースも。
オールリスクタイプの火災保険 上記2つの対象に加えて、機械設備の事故、ガラス破損など広範囲に補償。 小さい額な損害も実費で補償など、比較的自由度が高いタイプ。

屋根修理における火災保険の種類は、上記の3種類が目安となります。それでは、1つずつみていきましょう。

住宅火災保険とは

住宅火災保険とは、もっとも保証対象が少ないシンプルな火災保険のことです。月々の保険料の設定によっては、屋根の損害が20万円以下の場合、保険金が下りないこともあります。

もちろんオプションを追加することもできますので、ある程度自由度は高いです。

屋根の損害を住宅火災保険で補償するには、「風災補償」で対応できます。

住宅火災保険の多くは、火災・落雷・破裂・爆発・風災・ひょう・雪災に対応していますので、十分屋根修理にも適用できますね。

住宅総合保険とは

住宅火災保険よりもさらに補償対象が幅広いタイプが「住宅総合保険」になります。

屋根修理で適用となることが多い「風災補償」はもちろんですが、近所の子供たちの投げたボールが雨樋にあたり、損害を受けた場合などにも適用となるケースが存在します。

さらに、保険オプションなどをつければ「家財保険」なども追加することが可能です。

オールリスクタイプの火災保険とは

オールリスクタイプとは、その名の通り多様化したリスクに対応するための火災保険のことです。

これまでの火災保険の補償内容に加えて、建物だけでなく、外灯なども対象にするなど幅広い補償を受けることが可能。

損害額が小さい場合でも、保険金が下りたりと手厚い内容となっています。

もちろん、加入されている火災保険会社によっても内容が異なりますので、詳細は保険会社へお問い合わせください。

また、これから火災保険の見直しや加入をお考えの方は「住宅総合保険」に加入されますと、火災や落雷をはじめ、破裂・爆発・風災・ひょう・水漏れ・盗難などを補償してくれます。

火災保険が屋根修理に適用されるケースとは?

ここでは、火災保険が屋根修理に適用となるケースについて、事例を交えてご紹介します。どのような場合に、屋根修理における火災保険が適用となるのでしょうか。

台風の影響で屋根が破損!住宅火災保険で損害額は20万円以上のケース

屋根が破損してしまう最も多い要因の1つが災害です。

たとえば、タイトルのように台風の影響で屋根が破損してしまった場合を例にご紹介します。

今回のケースでは、加入している火災保険は、「住宅火災保険」で、屋根の損害額は20万円以上です。

結論からお伝えすると、このようなケースでは保険金がおりる可能性が高いです。

そもそも台風は、「風災」に該当しますので、住宅火災保険に含まれている風災補償を受けることが可能です。

住宅火災保険は、損害額が20万円以下の場合、保険金がおりないこともあります。

ですが、台風等で屋根に損害が発生した場合の多くが、足場設置などで10万円はかかってしまいますので、損害の合計額が20万円を下回ることはあまりありません。

強風による棟板金の浮きによって雨漏りが発生するケース

基本的に、屋根修理において火災保険で補償を受けられるケースは、自然災害などによる損害が中心です。

今回の場合のような強風によって、ストレート屋根の重なり部分に設置されている「棟板金」に浮きが発生し、その隙間から雨水が浸入したことによって、雨漏りとなるケースでも補償対象です。

このようなケースでは、火災保険の中の「住宅火災保険」で十分対応可能。

屋根修理における火災保険の申請方法について解説!

屋根修理における火災保険の利用は、自然災害による屋根の損害の場合には、「住宅火災保険」の風災補償などで対応できますし、お子様が石を投げて屋根が破損してしまったなどの場合も「住宅総合保険」でカバーできます。

それでは、屋根修理における火災保険の申請方法についてどのように手続きをすれば良いのでしょうか。

具体的にみていきましょう。

損害が発生したら加入している火災保険の保険証書を確認する

自然災害等で屋根に損害が発生した場合には、まず加入している火災保険の契約内容を保険証書などから確認しましょう。

というのも、中には月々の保険料のお支払いの関係から「風災補償」を外してしまい適用とならないケースも存在します。

屋根修理業者・保険会社に連絡する

加入している火災保険会社の契約内容を確認しましたら、直接保険会社に損害を受けた状況の詳細を相談しましょう。

なお、状況を報告する際は、損害を受けた箇所の写真などもお見せすると良いでしょう。

そのほか、保険会社ではなく保険に詳しい屋根修理業者などに状況を判断してもらうこともおすすめです。

屋根修理業者によっては、保険会社に納得してもらえるような申請の出し方などをアドバイスしてくれる場合があります。

申請書を用意して保険会社に提出する

屋根の損害などが確認できたら、火災保険の申請に必要な書類を記入し、火災保険会社に提出しましょう。

なお、申請に必要な書類は、保険会社に連絡することで送ってもらうことが可能です。

申請書は非常にシンプルなので、ご自分で記入することをおすすめします。

中には、火災保険の申請代行サービスなどを利用する方もいらっしゃいますが、悪徳業者も存在しますし、トラブルの原因になりますので、やめた方が良いでしょう。

保険会社による現地調査

保険会社に必要な書類を提出した後は、保険会社による現地調査があります。

保険会社としても適正な保険金を支払う必要があるからです。

保険会社の現地調査の際は、屋根修理業者にも立ち会ってもらうことで、修理にかかる工事内容などを保険会社とも相談できます。

保険会社による審査

損害の調査と並行して、保険会社が保険の適用ができるかどうかの審査をします。適用となれば、支払額などが決定し、口座に保険金が振り込まれます。

まとめ

本記事では、屋根修理において火災保険は適応できるのか、その条件と申請方法について詳しくご紹介しました。

火災保険というと、火災や落雷などをイメージする方も多いですが、一番ベーシックな住宅火災保険でも、破裂・爆発・風災・雪災などの補償を受けられます。

ぜひ、屋根修理費用を少しでも抑えたいという場合には、加入されている火災保険の契約内容もご確認ください。

弊社は、屋根修理の専門業者として9時〜18時までにご連絡をいただけますと即日対応も可能になります。また、時間外であってもできる限り対応させて頂きます。

出張診断や相見積もりも無料で承っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

ABOUT ME
山下 幸三
山下 幸三
大学卒業後、大手ゼネコンで設計を担当。現在はスマートサービスの屋根修理分野の記事担当。実家の屋根のリフォーム会社を手伝いながらホームページで屋根周りのことを書いていきます。外装周りならなんでも話せますのでお気軽にお問い合わせください。
屋根修理はプロにおまかせ!
部分修理で低価格を実現!
※状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。
雨漏りを放っておくと天井や屋根が腐り、被害が拡大することも。天井から音がしたり、シミがあるなら、できるだけ早くプロに相談して対策しましょう!

『スマートサービス』では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するならスマートサービスにお任せください。

火災保険で屋根の修理をすることができる?!詳しくはご相談を!

屋根修理 21,000円(税別)~