屋根修理

屋根修理の漆喰費用相場をご紹介!漆喰のやり直し価格について

古くからある瓦屋根の日本家屋、この瓦屋根を支えているのが「漆喰(しっくい)」と呼ばれている建築材料です。

日本では、古来より神社やお城、民家、土蔵などで、土や木で造られた壁の上塗りとして導入されてきました。

日本家屋に使用されている陶器瓦やいぶし瓦の耐用年数は、数十年〜数百年と言われており、一度設置してしまえば長きにわたりメンテナンスが必要ありません。

しかし、瓦屋根を支えている漆喰については、雨風や直射日光によって常にダメージを受けているため、10〜15年には接着力がなくなりますので、定期的な点検と漆喰の塗り直しが必要なのです。

ここでは、屋根修理の専門業者である弊社が、屋根修理における漆喰費用相場についてご紹介します。

漆喰についての正しい知識を理解して、適切な時期にメンテナンスを行いましょう。

漆喰は定期的にメンテナンスが必要です

冒頭でもお話ししましたが、瓦屋根を支えている「漆喰」は、10〜15年に一度点検することが重要です。

というのも、瓦屋根自体は数十年〜数百年の耐久性があるのですが、漆喰に関してはそもそも石灰にふのりや粘土などを練り合わせたものが原料のため、雨風や直射日光に弱いという特性があります。

このことからどうしても瓦よりも耐用年数が短いのです。

漆喰が一度剥がれてしまうと、そこへ雨などが染み込み、雨漏りの原因になることはもちろん、そのほかの漆喰までもろくなってしまいます。

屋根修理における漆喰の補修方法

屋根の漆喰が劣化し、傷みが目立つようになると、すぐに雨漏りにつながることはありませんが、漆喰が割れて穴が開くと屋根裏の湿気防止ができない事態に陥ります。

このような状態が長く続くと、漆喰だけでなく、屋根全体が傷む原因に。

10〜15年に一度は、漆喰の点検をしましょう。ここでは、屋根修理における漆喰の補修方法について具体的な流れをみていきたいと思います。

①古い漆喰を取り除く
劣化が激しい屋根漆喰部分について、養生を行なった後、古くなった表面の漆喰を専用の道具で取り除きます。このとき、漆喰の下にある葺き土に関しては、そのまま残しておきましょう。

②葺き土を整えて、湿らす
古い漆喰を取り除くことができたら、葺き土を整えます。葺き土は、漆喰を塗るための土台となる部分ですので、しっかりと整えることが重要です。葺き土の表面に凹凸が生まれると、漆喰を塗る際にムラが発生するため必ず均等にします。葺き土をしっかり整えたら、漆喰が接着しやすいようにスプレーで全体を濡らします。

③漆喰の塗り直し
葺き土の調整がしっかりできたところで、漆喰の塗り直しを行います。専用のコテを使用して、漆喰表面の凹凸がないように整え、漆喰の量を調整していきます。漆喰は塗り直し後、乾燥すれば作業完了です。

屋根修理における漆喰の費用相場について

それでは、本記事の本題である屋根修理における漆喰の費用相場についてみていきます。

屋根漆喰の補修費用相場

漆喰の塗り直し等の作業費 4,000〜7,000円/1mあたり

24〜42万円/60m計算

足場費用 15〜25万円
合計額 39〜67万円

屋根における漆喰の塗り直し費用や、補修費用相場ですが、1mあたり最大で7,000円程度かかります。

「1mの漆喰を補修するだけで、こんなにお金がかかるの?」と驚かれる方が多いのが事実です。

しかし、上記の漆喰補修費用相場は決して高いものではなく、あくまで平均値で算出したものです。

漆喰補修の価格が割高になってしまう要因ですが、現在漆喰を利用した住宅が減り職人の数が限られてしまうというのが1つの要因です。

高い技術力を身につけた職人が少ないため、技術力、派遣費用が割高になりがち。

また、意外と見落としがちなのは「足場費用」です。

足場については、労働安全衛生法に記された「労働安全衛生規則 第五百十八条」にて2m以上の高さにおいて作業をする場合には、足場の設置が義務付けられているのです。

一般住宅の場合、この足場代が15〜25万円かかります。

もちろんこの足場代は、漆喰補修費用に含まれるため、より割高な印象を受けてしまいます。

屋根修理における漆喰の補修費用を火災保険で補償

高額になりやすい漆喰の補修費用ですが、実は火災保険の中の「風災補償」にてカバーできます。

風災補償とは、風によって思わぬ損害を受けた際に、その損害費用を保険会社に申請し、補償してもらえる火災保険サービスのこと。

漆喰の崩れやひび割れの多くは、経年劣化による原因の場合も多いですが、もちろんそれだけではなく、風や地震によって大きく漆喰が傷んでしまう場合があります。

地震によって漆喰が傷んでしまった場合には、「地震保険」に加入していないといけませんが、風による損害ということでしたら「火災保険」で補修することが可能です。

ですので、漆喰補修をお考えの方は、加入されている火災保険について確認してみると良いでしょう。

まとめ

屋根修理における漆喰補修費用は、足場の設置や専門の職人さんの派遣など、意外にも割高になる傾向があります。

しかし、だからといって漆喰のメンテナンスを行わないと、経年劣化がすすみ傷んでしまう箇所が増えると、より費用が割高になる可能性があります。

ぜひ、火災保険なども活用し、10〜15年に一度は定期的にメンテナンスを行うようにしましょう。

弊社は、屋根修理の専門業者にて全国に営業所を保有しており、9〜18時までにご連絡を頂けましたら、即日対応も可能でございます。

また、時間外であってもできるかぎり対応させて頂きますので、お気軽にお申し付けください。

出張診断やお見積もりは無料にて承っております。

ABOUT ME
山下 幸三
山下 幸三
大学卒業後、大手ゼネコンで設計を担当。現在はスマートサービスの屋根修理分野の記事担当。実家の屋根のリフォーム会社を手伝いながらホームページで屋根周りのことを書いていきます。外装周りならなんでも話せますのでお気軽にお問い合わせください。
屋根修理はプロにおまかせ!
部分修理で低価格を実現!
※状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。
雨漏りを放っておくと天井や屋根が腐り、被害が拡大することも。天井から音がしたり、シミがあるなら、できるだけ早くプロに相談して対策しましょう!

『スマートサービス』では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するならスマートサービスにお任せください。

火災保険で屋根の修理をすることができる?!詳しくはご相談を!

屋根修理 21,000円(税別)~