屋根修理

切妻屋根が支持される理由を解説!メリットとデメリットを知っておこう

切妻屋根は、他の屋根形状と比較すると、さまざまなメリットがあり、デメリットは少ない屋根と言えるでしょう。そのため、切妻屋根は、日本だけでなく世界的に見ても、代表的な屋根形状として広く普及しています。屋根には、住宅を風雨などから守る大切な役割がありますが、切妻屋根を知ると、屋根の理解が深まるはずです。切妻屋根の特徴をまとめながら、選ばれる理由について解説しますので、ご参考にしてください。

切妻屋根とは

切妻屋根は、本を開いて伏せたときのような形の屋根です。最頂部の棟から左右の軒先にかけて、傾斜のある屋根となり、平面形状が四角形の建物であれば、2面の屋根だけで構成できます。住宅の屋根には、さまざまな形状がありますが、切妻屋根は世界的にも広く普及している、代表的な屋根形状です。

切妻屋根では、棟と平行になる面を平(ひら)と呼び、棟と直角になる面を妻(つま)と呼びます。切妻造の屋根は、妻側からは山形に見え、平側からは水平に広がる屋根の広い斜面が見えます。

切妻屋根のメリット

切妻屋根は、屋根の形状の一つですが、この屋根にしている一戸建て住宅は世界的に多いようです。切妻屋根には、他の屋根形状と比較すると、さまざまなメリットがあります。特に屋根からの雨漏りがしいくいことや、施工費を抑えられることは大きなメリットになるでしょう。

切妻屋根は雨漏りしにくい

屋根の雨漏りは、形状によって、起こりやすい場所がある程度決まっています。屋根で雨漏りしやすい場所は、屋根のてっぺんや、屋根の流れが変わる角などです。切妻屋根は、てっぺんの大棟以外には該当する箇所が特にありません。

切妻屋根は、シンプルな屋根形状をしており、また適度に勾配を付けることができます。切妻屋根は、てっぺんの大棟を適切に施工すれば、雨漏りすることが少ない屋根形状と言えるでしょう。

また、切妻屋根は大棟があり、2方向に傾斜がある屋根です。何方向かに雨を分散したほうが、外壁に当たる雨量が減り、外壁の劣化を抑えることができます。雨が1方向に集中しすぎると、雨樋から雨水が溢れたり劣化したりしやすくなります。

切妻屋根は建築費などを抑えることができる

切妻屋根は、平面形状が四角形の建物であれば、てっぺんの大棟を中心に、2面の屋根だけで構成できます。棟や雨樋の長さを必要最小限に抑えた屋根形状と言えるでしょう。切妻屋根は、シンプルな屋根であるため、材料費や工賃を抑えることができます。

また、切妻屋根は、雨漏りしにくい上に、リフォーム工事をする際もコストを抑えることができるお勧めの屋根形状です。

切妻屋根は小屋組みなどの換気がしやすい

切妻屋根は、大棟を頂点にして屋根が三角形になり、妻側の外壁が上部まであるという構造です。そのため、長さのある大棟を利用する棟換気や、高低差のある軒天換気、妻側の外壁上部に設置するガラリ換気により、効果的な換気ができます。小屋組みの中では、軒天から外気が入り、暖かい空気が上昇し、上部の開口部から屋外に出るという空気の流れができます。

切妻屋根は、住宅の寿命に影響する換気の面でも有利です。切妻屋根は、家全体に空気の流れを作りやすいため、換気がしやすく結露が起こりにくいというメリットがあります。

切妻屋根はソーラーパネルを設置しやすい

ソーラーパネルを設置し、太陽光発電システムを取り入れる住宅が増えていますが、切妻屋根はソーラーパネルを設置しやすい屋根です。切妻屋根は、ソーラーパネルを設置するための広いスペースを確保できます。また、新築時なら、太陽光から効率的に電気を生み出すために、屋根の勾配などを最適な角度と傾斜にして、設計できるでしょう。

切妻屋根は豪雪地帯に適している

豪雪地帯の住宅の場合、屋根に積もる雪の量を抑えるための対策は重要です。切妻屋根は、屋根の傾斜角度を大きくすることで、対処できます。また、切妻屋根であれば、屋根に積もった雪が2方向の軒先からだけ滑り落ちるため、雪が落下する位置を、限定できます。

ただ、屋根に積もった雪が、2方向にのみ滑り落ちるということは、大量の雪がまとまって1カ所に落下することもあるので、注意してください。そのような理由で、豪雪地帯では、玄関を妻側にすることが多くなります。

切妻屋根は使用できる屋根材が豊富である

切妻屋根は、構造がシンプルであり、勾配の調整もしやすいため、選べる屋根材の種類が豊富です。また、切妻屋根は広く普及しているため、屋根材メーカーは切妻屋根での使用を想定することが多くなるでしょう。また、切妻屋根は、和風と洋風のどちらのデザインにも合うので、さらに選択肢が増えることになります。

切妻屋根のデメリット

切妻屋根は、デメリットの少ない屋根形状ですが、三角形の妻がある分、外壁が高くなり、太陽光や風雨に晒されやすくなります。また、妻側の外壁や破風板などは、屋根や雨樋で守られないため、雨の影響で劣化しやすくなるでしょう。

また、機能面でのデメリットではありませんが、屋根の外観に拘り、凝った造りの屋根を希望する方には、切妻屋根がシンプルすぎて、個性が乏しく感じるかもしれません。

切妻屋根は妻側の外壁に太陽光や風雨が当たりやすい

切妻屋根の妻側は、外壁に高さがあるため、太陽光が当たりやすくなります。切妻屋根の妻側には、屋根が外壁から出っ張っているケラバという部分がありますが、ケラバだけでは日除けにはなりません。妻側を、構造的な工夫がないまま、真南になるように設計すると、太陽の日差しが強い時は、室内に強い直射日光が当たることになるでしょう。

切妻屋根の建物は、大棟に対して直角な妻側が、縦に真っ直ぐに切断されたような形をしているため、妻側の外壁が太陽光や風雨に晒されやすくなります。そのため、屋根に守られにくい建物の妻側は、外壁などが傷みやすいというデメリットを抱えることになります。

切妻屋根は個性や重厚感の乏しい印象を与えることがある

切妻屋根は、シンプルな形状であり、広く普及していることもあり、個性が乏しく安っぽい屋根という印象を持っている方がいるかもしれません。しかし実際は、切妻屋根であっても、屋根材や外壁材に高価な製品を使用している住宅は、個性や高級感のある住宅に仕上がります。また、ローコスト住宅では、できる限り雨漏りのリスクを軽減する対策として、切妻屋根を採用することが多いようです。

機能性が低かったり、複雑すぎたりする屋根形状や、外観のデザインを優先しすぎる建物は、雨漏りするリスクが高くなり、通常のメンテナンス費用もかかります。これを踏まえて、屋根形状を選ぶべきでしょう。

まとめ

切妻屋根は、シンプルな屋根のため、建築費を抑えることができる上、雨漏りしにくいという大きなメリットがあります。これは、一般の一戸建て住宅において、屋根の形状を選ぶときの、重要なポイントです。屋根形状には、切妻屋根のほかにも、さまざまな種類がありますが、特に拘りや理由がなければ、多くの場合で切妻屋根が有力な候補となります。

切妻屋根は、てっぺんの大棟から2方向に屋根が傾斜する形状です。このシンプルな形状は、他の屋根形状と比較しても、屋根に求められる役割を、バランス良く果たすことができます。

ABOUT ME
山下 幸三
山下 幸三
大学卒業後、大手ゼネコンで設計を担当。現在はスマートサービスの屋根修理分野の記事担当。実家の屋根のリフォーム会社を手伝いながらホームページで屋根周りのことを書いていきます。外装周りならなんでも話せますのでお気軽にお問い合わせください。
屋根修理はプロにおまかせ!
部分修理で低価格を実現!
※状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。
雨漏りを放っておくと天井や屋根が腐り、被害が拡大することも。天井から音がしたり、シミがあるなら、できるだけ早くプロに相談して対策しましょう!

『スマートサービス』では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するならスマートサービスにお任せください。

火災保険で屋根の修理をすることができる?!詳しくはご相談を!

屋根修理 21,000円(税別)~