屋根修理

屋根材として定着したガルバリウム鋼板の特徴や商品選びのポイントを解説

ガルバリウム鋼板は、錆びにくい鋼板のため、屋根材としても普及し定着しました。ガルバリウム鋼板を使った屋根について、リフォームなどをする際の参考になるように解説します。また、ガルバリウム鋼板とジンカリウム鋼板の違いや、次世代のガルバリウム鋼板として開発されたSGLについてもまとめてあります。

ガルバリウム鋼板とは

ガルバリウム鋼板とは、アルミニウム・亜鉛合金めっき鋼板のことで、重量比はアルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%です。ガルバリウム鋼板は、1972年にアメリカのベスレヘム・スチール社が開発した鋼板です。合金めっき比率は、アルミニウムの耐食性と亜鉛の犠牲防食作用のバランスで決められました。

ガルバリウム鋼板が屋根材として普及した理由

ガルバリウム鋼板は、亜鉛のガルバニックアクション(犠牲防食作用)と、アルミニウムの耐久性及び耐熱性を合わせ持つ合金めっき鋼板です。亜鉛は、年月が経過すると溶出しますが、その部分にアルミニウムの酸化生成物が充填されます。この作用を、ガルバリウム鋼板の自己修復作用といいます。ガルバリウム鋼板は、溶融亜鉛めっき鋼板(トタン)の約3~6倍の耐久性を期待できる鋼板です。

また、ガルバリウム鋼板のめっき層は、重量比で55%、容積比で80%と、アルミニウムの含有率が高くなっています。耐熱性と熱反射性が良いため、室内の温度上昇を軽減する効果があります。また、加工性や塗装性に関しても、溶融亜鉛めっき鋼板と同等です。

以上のような理由から、ガルバリウム鋼板はトタンに代わる屋根材として広く普及し、定着しました。日本でガルバリウム鋼板を生産しているのは、大手鉄鋼メーカー「日本製鉄」の子会社である建材鋼板メーカーの「日鉄鋼板」や、大手鉄鋼メーカー「JFEスチール」などです。そして、金属屋根メーカーなどが成型加工して、屋根材として販売しています。

ガルバリウム鋼板とほぼ同じ素材でできているジンカリウム鋼板

ジンカリウム鋼板は、めっき層の組成成分と含有率が、ガルバリウム鋼板とほぼ同じですので、商標が違うと考えてもよいでしょう。

ちなみに、ZINCALUMEがBlueScope社GalvalumeがBIEC International社、日本語のガルバリウム鋼板が日本製鉄の登録商標です。

ジンカリウム鋼板は、韓国の鉄鋼メーカー「ポスコ」が生産し、韓国メーカーが成型加工してから、日本の商社が輸入販売することが多いようです。ジンカリウム鋼板は、韓国のほか、アメリカやニュージーランドからも輸入されています。また、ジンカリウム鋼板を使った製品は、石粒付きの金属屋根として開発されることが多いという違いもあります。

ガルバリウム鋼板を改良したSGL

SGL(エスジーエル)は「日鉄鋼板」が2013年に開発した鋼板です。GLはガルバリウムの略ですが、SにはSuperior(上質な)・ Special(特別な)・Super(超越した)などの意味が込められているとのこと。なお、「日鉄鋼板」は2019年に商号変更しており、当時の社名は「日鉄住金鋼板」でした。

ガルバリウム鋼板のめっき組成は、アルミニウムと亜鉛とシリコンでしたが、SGLにはさらに2%のマグネシウムを添加しました。SGLのめっき層は、重量比でアルミニウム55%、亜鉛41.4%、マグネシウム2%、シリコン1.6%です。

マグネシウムには、防錆効果があり、切断部や傷など腐食しやすい部分で抑制効果が働きます。日鉄鋼板の測定結果では、ガルバリウム鋼板の3倍超の耐食性を期待できるようです。

参照元:日鉄鋼板株式会社公式サイト
http://www.nisc-s.co.jp/sgl/
http://www.nisc-s.co.jp/products/sgl.html

ガルバリウム鋼板屋根の葺き方

ガルバリウム鋼板など金属屋根の葺き方には、「縦葺き」「横葺き」「瓦調」などがあります。メーカーや製品により性能などの違いはありますが、それぞれの葺き方の特徴を解説します。

縦葺きのガルバリウム鋼板屋根

縦葺きは、鋼板の折り目が縦方向になる葺き方です。縦葺きには、心木を入れる方法と入れない方法があります。心木を入れる方法が瓦棒葺きで、心木を入れない方法が立平葺きです。

縦葺きは、折り目が立ち上がっているため、雨仕舞いが良く、他の葺き方では施工できない緩勾配の屋根でも施工できます。縦葺きは、雨漏りしにくい上に、工事費が安い、工期が短いなどの利点もあります。縦長の板金を、屋根の長さに合わせて加工しながら施工するため、シンプルな屋根形状に適していると言えるでしょう。

横葺きのガルバリウム鋼板屋根

横葺きは、鋼板の折り目が横方向になる葺き方で、工場で成型された横長の鋼板を軒先から順に施工します。屋根が複雑な形状の場合は、縦葺きより横葺きの方が施工しやすく、適していると言えるでしょう。横葺きには、断熱材一体型の製品があり、またデザインも豊富です。

瓦調のガルバリウム鋼板屋根

金属屋根には、和瓦などの意匠性を取り入れた瓦調の金属屋根があります。メーカーによっては、金属瓦と呼んでいるようです。金属瓦は、横葺きにデザイン性も持たせたとも言えるでしょう。金属瓦を和瓦と比較すると、重さが粘土瓦の1/10程度と軽量のため、地震対策として有効です。

ガルバリウム鋼板屋根が対応できる屋根勾配

金属屋根は、スレート屋根や瓦屋根に比べて、勾配が緩くても施工できるという利点があります。ただし、ガルバリウム鋼板などの金属屋根は、形状や性能などの違いにより、対応できる勾配が異なりますので、製品ごとの確認が必要です。

一般的に必要とされる屋根勾配は、陶器瓦や燻し瓦などの粘土瓦は4寸勾配以上、平板スレートは3寸勾配以上。対して金属屋根の場合、縦葺きであれば1寸勾配から施工でき、0.2寸の緩勾配から対応できる製品もあります。

横葺きでは、平板スレートと同じ3寸勾配以上が必要とされてきましたが、2.0寸や2.5寸の勾配から対応できる製品も発売されました。

和瓦に必要な屋根勾配は一般的に4寸以上ですが、金属瓦の場合は2.5寸から対応できます。また、和瓦では施工できない急勾配の屋根であっても、金属瓦は軽量かつ固定強度が高いため、施工が可能です。

ガルバリウム鋼板屋根はメーカーごとのラインアップが豊富

ガルバリウム鋼板屋根は、多くのメーカーが幅広いラインアップの製品を用意しています。ガルバリウム鋼板の上に施す仕上げ加工により、値段や耐用年数が大きく変わりますので、希望に合う屋根材を選んでください。

塗装仕上げのガルバリウム鋼板

普及品のガルバリウム鋼板は、塗装仕上げされていますが、使用する塗料の樹脂にはグレードがあります。標準品にはウレタン樹脂かポリエステル樹脂を使い、高級品にはフッ素樹脂を使うメーカーが多いようです。フッ素樹脂は、住宅用塗料として、最高グレードに位置付けられています。

各メーカーは、塗装仕上げのガルバリウム鋼板に関しては、穴あきに対して25年保障とすることが多いようです。また、メーカーによっては、塗膜変褪色や赤さびについても20年保障などの対応をしています。保障内容や補償方法の詳細については、各メーカーのホームページを見るか、屋根工事業者などに確認するとよいでしょう。

また、下地となる鋼板が、通常のガルバリウム鋼板なのか、日鉄鋼板のSGLなのかなども確認すべき重要なポイントです。

石粒付きのガルバリウム鋼板とジンカリウム鋼板

金属屋根には、石粒付きの製品があります。自然石粒を、感触が分かるくらいびっしりと、鋼板の上に接着しているため、金属感がありません。この種類の屋根材は、40年ほど前に開発され、世界各国で使用されており、さまざまな気候において、高い性能を発揮しています。

石粒付き金属屋根は、高級感と耐久性があるだけではありません。金属屋根には、室内に雨音や熱が伝わりやすいという欠点がありますが、石粒を付けることで遮音性と断熱性を改善することができました。石粒付きの製品は、単に見栄えが良いだけでなく、金属屋根の欠点を広くカバーした製品と言えるでしょう。

石粒を接着する製造工程では、ベースコートと呼ばれる接着層に、石粒を落としてめり込ませ、乾燥後にクリア塗装でトップコートを塗布します。経年劣化により石粒が剥がれ落ちる心配はありますが、性能や美観に影響する劣化は少ないでしょう。なお、石粒を接着させるため重量が増しますが、それでも粘土瓦の1/8程度、平板スレートの1/3程度の軽さです。

石粒付きの金属屋根は、製品保証と美観保障を設けていることが多く、製品保証30年、美観保障10年が目安になりそうです。ただし、製品保証30年のみの製品もありますし、逆に製品保証50年、美観保障30年と、金属屋根としては特出する長期保証の製品もあります。

まとめ

ガルバリウム鋼板は、耐久性が高く錆びにくいため、トタンに代わる屋根材として普及し定着しました。ガルバリウム鋼板屋根は、メーカーごとのラインアップが豊富です。各メーカーから様々なデザインの製品が発売されています。また、フッ素樹脂塗装や石粒で仕上げることで耐久性を向上させた製品もあります。

さらに、次世代のガルバリウム鋼板として、日鉄鋼板が開発したSGLはガルバリウム鋼板の3倍超の耐久性を期待できるようです。SGLを使った屋根材は、最高峰のめっき鋼板と言えるでしょう。SGLであれば、長い年月の間、大切な住宅を守る屋根材としての機能を果たすことを期待できます。

ABOUT ME
山下 幸三
山下 幸三
大学卒業後、大手ゼネコンで設計を担当。現在はスマートサービスの屋根修理分野の記事担当。実家の屋根のリフォーム会社を手伝いながらホームページで屋根周りのことを書いていきます。外装周りならなんでも話せますのでお気軽にお問い合わせください。
屋根修理はプロにおまかせ!
部分修理で低価格を実現!
※状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。
雨漏りを放っておくと天井や屋根が腐り、被害が拡大することも。天井から音がしたり、シミがあるなら、できるだけ早くプロに相談して対策しましょう!

『スマートサービス』では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するならスマートサービスにお任せください。

火災保険で屋根の修理をすることができる?!詳しくはご相談を!

屋根修理 21,000円(税別)~