屋根修理

片流れ屋根のメリット・デメリットを解説!施工や維持管理のポイント

片流れ屋根は、大棟から一方の軒にだけ傾斜し、雨水が一方にだけ流れ落ちる屋根の造りです。日本の住宅地で屋根を見渡すと、地域により差はありますが、圧倒的に多いのは切妻と寄棟です。切妻屋根は、世界的に見ても、採用されることが多い屋根形状と言えるでしょう。近年は、伝統的な日本家屋よりも、モダンな建物を好む若い方が増えていることもあり、屋根形状も片流れが増えています。

ただし、屋根は、建物の外観を決定づけるとともに、建物を風雨から守る、家造りの重要な要素です。片流れ屋根の特徴を、詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。片流れ屋根のメリットとデメリット、それから施工や維持管理における注意点について解説します。

片流れ屋根のメリット

片流れ屋根が増えている背景としては、さまざまの理由が挙げられます。例えば、モダンな造りの建物に合うシンプルな屋根形状が好まれるようになったこと。都市部の狭い土地に、箱型の建物を建てるときや、建築コストを抑えたいとき。あるいは、太陽光発電の普及も片流れ屋根が増えている理由の一つでしょう。

建築コストを抑えられる

片流れ屋根は、大棟から片方の軒にだけ傾斜する、シンプルな造りです。屋根の傾斜を緩くして、小屋組みを小さくすることで、建築コストが抑えられます。建物は、同じく片流れ屋根を採用していても、さまざまなデザインが可能です。しかし、建物の平面が四角形に近く、屋根が一面のみであれば、他の屋根形状に比較すると、建築コストをかなり抑えられるでしょう。

屋根裏を室内空間として有効活用しやすい

片流れ屋根にすると、屋根のすぐ下の屋根裏空間を、室内空間として有効活用しやすいというメリットがあります。屋根のてっぺんに近いところの外壁に、窓を設けると、天井が高くて明るい開放的な室内空間にすることも可能です。

太陽光パネルの設置に有利な屋根にできる

片流れ屋根は、太陽光発電システムを導入する際に、発電効率を上げやすい屋根形状です。大きな1枚の屋根であれば、太陽光パネルを設置しやすく、屋根面を南向きにし、屋根勾配を調整すれば、効率的な太陽光発電を期待できます。

片流れ屋根のデメリット

片流れ屋根は、建物の構造上、いくつかのデメリットがあります。また、同じ片流れ屋根であっても、施工方法により、ある程度はデメリットをカバーできますので、合わせて解説します。

雨漏りリスクが高くなってしまう

片流れ屋根のデメリットとして、よく指摘されるのは雨漏りする危険性が高いということです。屋根の雨漏りは、屋根の形状により、起こりやすい場所がある程度決まっていますが、基本的には屋根のてっぺんや、流れが変わる角が要注意です。片流れ屋根の場合は、棟部からの雨漏りが多く、また軒やケラバからも雨漏りする危険性があります。

片流れ屋根の棟側には、棟板金が施され、破風板が張られています。しかし、施工不備があると、棟板金と野地板、あるいは野地板と破風板との境目から雨水が浸入してしまうのです。また、片流れ屋根の頂上側は、軒天が上がっているため、雨水が伝わりやすく、軒天と外壁の取り合いや、軒天裏の換気口からも、雨水が浸入する危険性が高くなります。

また、軒の長さがなかったり、短かったりすると、屋根の端から壁内に雨水が浸入しやすくなり、さらに雨漏りリスクが高まります。そのため、棟板金の上から、水切り板金を取り付けるなどの、雨漏り対策が必須です。

片流れ屋根の雨漏り対策は、あまり勾配を急にしないことです。急勾配にすると雨が入りやすくなります。

雨水が浸入する恐れがある頂上付近に、透湿ルーフィングを増し張りするという方法も雨漏り対策に有効です。通常の屋根工事では、ルーフィングを野地板に張ってから、屋根材が施工されますが、それとは別に透湿ルーフィングを増し張りします。棟部から破風板にかけて透湿ルーフィングを増し張りすれば、空気と湿気を通しますが、雨水の浸入を防いでくれるはずです。

同様に、軒天と外壁の取り合い部分にも、透湿ルーフィングを増し張りします。この部分をシーリング施工するとしても、シーリングが劣化したときのために、外壁と軒天の取り合いの裏にも、透湿ルーフィングを増し張りしておいた方が良いでしょう。

透湿ルーフィングは、通常のルーフィングより柔らかいため、棟部から破風にかけて巻くようなときでも、破れることはありません。また、外壁用の透湿防水シートよりも、防水性と強度が高いので安心です。

それから、片流れ屋根は、軒先やケラバに、雨水が集中して勢いよく流れるため、山形の屋根である切妻などに比べて、雨漏りする危険性が高くなります。屋根に降った雨水が、分散せずに一方の軒先にだけ集中して流れるため、水下(みずしも)の軒からの雨漏りリスクも高まるのです。

また、ケラバの端には破風板が取り付けられていますが、風雨に晒されるため劣化しやすく、雨樋がないため大量の雨水が押し寄せてきます。水切り板金が取り付けられていても、堆積物により排水が妨げられたりすると、雨漏りすることがあります。

雨樋への負荷が大きい

片流れ屋根では、水下の軒先にのみ雨樋が取り付けられます。初期費用が安くなる反面、屋根に降る雨水が集中して流れ落ちるため、負荷が大きくなり、不具合が起こりやすいという欠点にもなります。

外壁が劣化しやすい

片流れ屋根の建物は、他の屋根形状に比べ、外壁などが風雨に晒されやすい構造と言えるでしょう。片流れ屋根は、水下の軒先以外には、雨樋がないため、屋根に降った雨水が、破風板や外壁に伝わりやすくなります。

寄棟屋根であれば、4方向すべてに屋根傾斜がありますが、片流れ屋根の屋根傾斜は1方向のみです。棟側とケラバのある妻側は、外壁に雨水や紫外線が当たりやすくなります。雨漏りは、屋根からだけでなく、外壁の開口部や境目、劣化した箇所からも起こるため、注意が必要です。

屋根への日照時間が短くなると湿気やすくなる

片流れ屋根の屋根面を北側にすると、屋根が湿気やすくなることがあります。外壁面積が広くなる棟側を南に向けて建てると、南側に大きな窓を取り付けることができます。しかしそうすると、場所や屋根勾配によっては、屋根の日当たりが不足し、湿気やすい状態になるのです。そのため、屋根面を北側にする片流れ屋根では、透湿ルーフィングを用いるなど、小屋裏の湿気を排出する対策が必要です。

自然換気に難点がある

屋根が湿気により劣化するのを防ぐためには、小屋裏換気が効果的ですが、片流れ屋根には十分な小屋裏換気が難しいという欠点があります。木造住宅は、軒天換気口・外壁通気層・棟換気口などが設けられ、湿気を排出して結露を防ぐように工夫されています。

切妻屋根などであれば、風の入口と出口ができるため、小屋裏換気がスムーズです。しかし片流れ屋根は、換気口を用意しても風の流れを作りにくいため、小屋裏換気が上手く機能しません。

一般的に、建物の高低差と建物内外の温度差が大きいほど、換気が促進されますが、片流れ屋根を急勾配にすると、雨漏りする危険性が高まります。建物および小屋裏空間の高低差の小さい、緩勾配が多い片流れ屋根は、温度差も小さくなるため、自然換気に不利な屋根形状と言えるでしょう。

そのため、できるだけ多くの棟換気と軒天換気を設置し、妻換気も併用するなどの対策が必要です。妻換気とは、棟に直角に接する妻側の外壁上部に、小屋裏換気のために取り付ける換気口のことです。

まとめ

片流れ屋根は、モダンな造りや建築コストを抑えやすいなどのメリットがあるため、若い世代を中心に、採用する方が増えている屋根形状です。ただし、日本で広く普及している、寄棟や切妻などに比べ、雨漏りしやすいというデメリットがあります。

片流れ屋根の家を、新築したりリフォームしたりするときは、メリットとデメリットについてしっかりと理解した上で、信頼できる業者に相談しましょう。

ABOUT ME
山下 幸三
山下 幸三
大学卒業後、大手ゼネコンで設計を担当。現在はスマートサービスの屋根修理分野の記事担当。実家の屋根のリフォーム会社を手伝いながらホームページで屋根周りのことを書いていきます。外装周りならなんでも話せますのでお気軽にお問い合わせください。
屋根修理はプロにおまかせ!
部分修理で低価格を実現!
※状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。
雨漏りを放っておくと天井や屋根が腐り、被害が拡大することも。天井から音がしたり、シミがあるなら、できるだけ早くプロに相談して対策しましょう!

『スマートサービス』では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するならスマートサービスにお任せください。

火災保険で屋根の修理をすることができる?!詳しくはご相談を!

屋根修理 21,000円(税別)~